幼い受験生の小学校受験に伴う緊張を緩和する魅力的な方法

子供の将来を考えて小学校受験を選択する親が増えています。しかし、その受験生はまだほんの幼い子供ということを忘れてはいけません。子供にとっても、ストレスや重圧は大きな負担になります。親が期待をすればするほどその重圧も耐えきれないくらいにまで膨れ上がる可能性があります。せっかくの未来のための受験が、重荷を背負わせたばっかりに台無しになってしまったのでは本末転倒です。緊張はある程度必要なものですが、緊張しすぎると普段の能力が十分発揮できず、残念な結果につながるので、できるだけ緩和させてあげられるような対策が必要です。しかし、受験直前になって緊張するなと言っても無理な話です。そのためには、受験を決めてからが勝負です。親と子の負担を減らす魅力的な方法を学んでみましょう。

親が指導者にならず、同志になること

小学校受験ではいろいろな人が指導にかかわります。塾の先生、幼稚園の先生、そして親です。しかし、親が指導者に徹底してしまうと、子供は逃げ場がなくなり心細い思いをしてしまうことになります。自分一人が頑張っているのだという錯覚を起こさせないように、親も一緒に頑張っている同志であることをアピールしておくことです。子供がしなければいけないことは親も率先して実践しましょう。言葉使いや生活態度も受験にとって必要なことです。子供だけに注意せず、自分から進んで行うのは当たり前のことです。受験が近づけば、親も一緒に緊張するのは当たり前ですが、ピリピリしたり神経質になったりするのはよくありません。やれるだけのことをやったのならばあとは出し切るだけなので、親は子供を信じ、子供は親を信じることで緊張は緩和されるはずです。

ポジティブを徹底して未来を楽しむ

子育てでよく言われるのがネガティブな発言をしないという方法です。これをすると失敗する、こうだから不合格になる、という表現をしているならば今すぐやめましょう。反対に、こうすれば成功する、こうした方が合格する、という言い方に徹底的にチェンジしてください。子供は聞いたことを無意識のうちに心に刻んでいます。不合格という言葉を多く聞くより、合格という言葉を多く使うだけの話です。そして、合格したらどうだろう、という期待を持たせるようにしてみましょう。きっと素敵なお友達ができる、楽しい勉強ができる、といった話を勉強の合間にもしてあげましょう。受験という日に、緊張よりも期待と希望が大きくなればこの対策は成功です。しかし、一朝一夕でできるものではないので、小学校受験が決まったらすぐに始めましょう。