児童の進み具合に沿った学習と小学校受験の傾向とコツを学ぶ

本格的な受験戦争を回避し、ある程度の道筋を立てた教育をしていけるということで、小学校受験をする家庭が増えてきています。学童期の大切な時期を、安全で安心できる環境、独自の確固たる教育方針のもと学業や情緒の発達、人間力を育てていくのが私立の小学校の特徴です。家庭との養育方針が合っていれば、子ども自身が生活の中で吸収していくものをより良い形で将来へと結びつけていける点が私立小学校の良さです。人間形成の基礎となる大切な時期に様々なことを経験させ、能力を引き出し、個性を伸ばすといった教育を受けることで、その後の人生に大きな影響をもたらします。そして、小さな頃から分かり合える友人との出会いが長く続くことで、それらが一生においての大切な友情になることも良さです。

受験に勝つためにすべきことについて

小学校受験は親が中心になり家族が一丸となって臨むべきものです。合格をつかみ取るには、その学校の特色を把握し、入試傾向にそった訓練や学習をしていくことでその学校に選んでもらえることが出来るのです。それにはやはりプロの先生、環境が必要になります。小学校受験のために塾には、様々な情報があります。塾は各学校の傾向や特色をしっかりと把握し、そのノウハウを生徒や親にしっかりと伝え教えていく場です。また、各親子に足りないこと、必要なことを的確にアドバイスする体制があることで、合格に向けて何をすべきかが明確になります。小学校の受験にはペーパーテストや面接、集団テストがあります。各学校がその中でどれを特に重んじて評価するかも重要です。そういった意味でも塾からの情報はとても重要になります。

合格に向けて家庭で行うべきこと

子どもは入試当日に焦点を当てて最高値を発揮することはできません。まだ受験というものをしっかりと把握することは不可能です。そんな中合格を勝ち取るのは、普段からの習慣がとても大切です。普段の生活の中での習慣、言葉使い、友達との関係などいつもの姿がきちんとしていること、そして自分の能力を発揮できる心の大きさも必要です。そのため家での生活は、親が見本となり当たり前のようにきちんとした生活習慣を見せていくこと、ペーパー練習などは毎日の無理強いするのではなく、生活の中の習慣として取り入れていくこと、そして褒めることで自信を持たせて当日緊張しすぎない状況に持って行くことをしていきます。日々の生活の中で身に着けること、そして専門的な塾での練習、勉強、能力の向上する力をつけていくことで合格が手に入るのです。