小学校受験に最適な基礎からステップを忠実にたどった学習

小学校受験は一般的になりつつあり、子供の成長と教育を希望する親は英才教育を行い受験に臨む場合もあります。しかし受験するにあたって子供はまだ5歳前後であり精神的にも未熟で十分に勤勉に励むことが難しい子もいます。しかし親の希望で無理やり子供に教育を教え込んでも学びにはつながりにくく、ストレスを高めてしまい親子の関係性にも影響を及ぼしてしまう可能性もあります。そのためまずは基礎に沿ってステップアップしていくように学習していくことが求められます。そのステップは大きく分けて二つあります。一つ目は勉強自体への興味関心を持つことができる様な環境づくりとコミュニケーションが挙げられます。二つ目に勉強を始めた時に集中して取り組むことができる最適な環境づくりが求められます。

子供に勉強への興味関心を持たせるには

子供は様々なことに対して興味を持ちやすく、一度集中してもすぐに別の刺激があるとそっちに意識が傾いてしまいます。それでは小学校受験をする上で大きな支障が出かねません。具体的には子供に対し勉強の必要性を伝えるのではなく楽しみの一つとして提供することです。子供は理屈ではなく感情で動くことが多いものです。またその動機の多くは快楽刺激とされます。そのため勉強自体が快楽刺激であると教育していくことで興味を持たせることができます。またその時に親も一緒に行いゲームやアトラクション形式で行うことも有効とされます。子ども一人で行っていると自然と集中が薄れてしまい周囲の些細な刺激に反応することが多々あります。しかし他者が介入することで間接的に勉強への刺激を保つことができるため、最初のステップとして欠かせません。

どんな環境が勉強に向いているのか

勉強へ興味関心を持たせることは重要ですが、それと同時に環境づくりも求められます。一般的に勉強する上では刺激が少なく集中できる環境がよいと言われています。しかし幼い子供は自制心や感情のコントロールが難しいため、刺激が少なすぎると逆効果となることが多いです。また特別な環境を用意してしまうとかえって緊張して集中が難しくなります。そのため環境としてはリビングや子供の部屋など馴染みの環境がリラックスして良いとされます。また勉強に集中し続けると疲労もするため適度に刺激を与えて休憩を入れつつ楽しみとして勉強につなげていくことが大切です。そして小学校受験の時は楽しみながら学んだことを発揮できる様に教育することで試験や面接でも子供本来の素直さや純粋さをアピールすることにもつながります。

伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 創造性を伸ばす教育方針は、毎年多数の合格実績につながっています。 小学校受験のことなら当サイトをチェック